暮らしサポート21

システムエンジニアとして成功するためには

システムエンジニア(SE)で成功するためには、コミュニケーション能力が必要になってきます。
パソコンを使って仕事をするので、あまり人と接したりすることはないのでは?と思われがちですが、システムエンジニアは、自分が作成したプログラムを初心者でも分かりやすい専門用語ではない言葉を使っての説明が必要になります。
すなわち、お客様が求めていることを理解しながら、なおかつ相手の立場で考えていく力も必要です。
大手の企業に入社したからすごいと認められる仕事ではなく、お客様のためにどれだけシステムを開発することができるかということがいちばんに求められます。
さらに、新しいものを開発できるかどうかという力も必要になりますし、システムを開発しそれを公表する手段も必要になります。
社内SEの場合、そこに更に社員のPCのメンテナンス等の雑務も入ってきます。

 

社内se求人NAVIはこちら

人生のバッターボックス

ある年配の男性が言ってたのですが、どんな人にも人生の中でチャンスがある。
そのチャンスをつかむか、逃すかで人生の対局は決まる。
その話を聴いて妙に納得してしまいました。
確かに、今、どんなに不遇な人でも、人生の中ではチャンスがあったはずです。
しかし、それを上手くいかしきれなかったということです。
せっかくのチャンスに行動しないというのはもったいない話です。
人生のバッターボックスに立ったら、見逃し三振だけはするなという言葉があります。
これからも、きっとチャンスが巡ってくるはずです。
それを逃さないようにしたいですね。
それにただ待っているだけではなく、そのチャンスを引き寄せるように日々、行動したいと思ってます。